ランキング参加していますので下記アイコンをポチッとして頂ければ更新の励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

カンボジア情報

カンボジアは観光客受け入れに積極的だが、日本はやる気なし!

こんにちは、ジェット谷です。

日本、カンボジア両国でビジネスを行っているジェット谷が現地カンボジアから最新の情報をお送りするブログ、チャンネルです。

2021年10月18日の渡航規制一部緩和から撤廃(※ワクチン接種済者対象)で入国時の隔離を排除して、ビジネス客から年末年始の海外からの旅行者の受け入れに積極的なカンボジアですが、フン・セン首相の仰るとおり相手国が規制緩和に動かなければ、双方国の往来はまだまだ先になりますね。

特に日本人観光客への期待は絶望的と言うに等しいくらいの日本入国基準です。

日本帰国後に14日間の自主待機期間を3日間短縮する手続きはできましたが、煩雑すぎて各省庁をまたがり、事前申請が必要となり、緩和から逆行しています。

・日本人出張者の帰国の場合を例にすると、事前に勤務する会社の社員の中から帰国者の管理をするという名目で「受入責任者」を決める必要あり。

・申請書、誓約書、活動計画書、入国者リスト、入国者のパスポートの写し、入国者のワクチン接種証明書(写)

活動計画書・・・事前承認が必要。承認には従事する仕事、会社の業種によって監督官庁が異なります。承認までの日数は未定

・受入責任者は帰国する出張者を空港に迎えに行かなければならない。

各省庁のコロナ水際対策を『やった感』『やってます感』で作った役所役人ルールっぽいです。

日本入国基準が高いというよりも、これ本当に運用できるの?です。

ハードル高すぎると3日間短縮を申請するよりも14日間自主待機で帰国して、そのまま外出されるだけです。また高いハードルを設けてもオリンピックの時でさえザルだったのに各省庁ごとで動かなければならないような規制で、どこまで監視できるのですか?と聞きたいですね。

 
海外旅行なんてとんでもない!しばらくは日本国内 GO TOしておけ!ですかね?

海外に金を落とすよりも国内旅行で金を使ってくれで閉じ込める、国内還流の意味で暗に設けたのなら納得ですが。。。

今年の年末年始の日本からのカンボジアへの観光客の大幅な増加は難しいと思いますね

今回記事を詳しく、『カンボジア不動産チャンネル』で投稿します。ご一緒に御覧下さい。チャンネル登録もよろしくお願い致します。

読者の皆さん、いつも応援ありがとうございます。

ランキング参加していますので下記アイコンをポチッとして頂ければ更新の励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

ランキング参加していますので下記アイコンをポチッとして頂ければ更新の励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。