ランキング参加していますので下記アイコンをポチッとして頂ければ更新の励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

カンボジア情報

経歴詐称疑惑の小市琢磨氏が日本人会『終身』会長に!会社設立費がっぽり!儲けまっせ!⑦

シリーズで告発しています前回のカンボジア日本人会会長小市琢磨氏経歴詐称疑惑シリーズ⑥とyoutubeチャンネルに対して日本人の方々から日本人会への危惧する声を多く頂いております。

カンボジア日本人会会長小市琢磨氏経歴詐称⑥疑惑追及はプライバシー侵害だ!と申立?

 

『2022年度はカンボジア日本人会HPに会長・役員公募のお知らせ無し!密室会議に現地日本人憤慨!教育関係者、ボランティアで子どもに教える立場の役員の方達、子どもに質問されたらな』

危惧されているのは『カンボジア日本人会会則第11条役員の選出・選任』の箇所です。

役員の選出・選任 第11条 本会の役員は、会員(自然人)より公募し自薦・他薦、且つ又、役員会推薦人の中から本条で規定する手順に従い選出・選任する。 (1)次年度会長は、会員より公募し自薦・他薦、且つ又、役員推薦人の中から 役員会が1名選出し、総会にて信任を得るものとする。 (2)会長を除く役員は、前項で信任された会長が、満20歳以上の会員 (自然人)より選出し、総会にて信任を得るものとする。

会則では、会長は役員が選んで、会長が役員を選ぶ仕組みになっています。

現在の小市氏が選出したお友達役員で小市琢磨氏が終身会長を企むことになる可能性がもあります。

会則不備を小市琢磨氏会長と役員で悪用されている、悪用は言い過ぎとしても、自浄作用が全く効かない様態です。

 

2022年度会長、役員選出の公募お知らせをしなかった理由に納得です。

会長、役員とも役にしがみつきたい。

現在のカンボジア日本人会の会則や経歴詐称のいかがわしい人物が会長就任を続けることにおかしさや危惧を感じない日本人は、会長、役員以外には存在しないと思います。

会長にあること、役員であることに利権があるのでしがみつきたいが実態が今後も続きそうです。

小市琢磨氏仲間で好き勝手やりたい放題日本人会。その責任は、

管理監督ができていない名誉会長 日本大使館大使 三上さんに不祥事の責任があります。

身分、経歴に疑いが持たれて回答ができないいかがわしい人物と日本の外交を代表する大使がつるんでいるのか?日本人として全く理解できない。小市琢磨氏に

疑惑に答えられないのか?と質問もできない三上大使?

やっぱり利権ですね。

さて、カンボジアに進出の日本人、日系企業の『会社設立』の手続費用を『コイチタクマ』で請け負っています。

新参者は俺(小市氏)で会社設立をしなければ。。。どうなるか分かっているか???

ですかね?

日本人会会長職だからこそ得られる収入、だからしがみつきたい。

カンボジアで真面目に働いている日本人にとってバカみたいですね。

小市琢磨氏が昨年起こした弱い立場の在日本人への強圧事件

次回、シラガさん事件をお届けします。

カンボジア日本人会会長 小市琢磨氏の虚偽記載疑惑に1年以上経過で再度質問!①

カンボジア日本人会会長 小市琢磨氏② 自分の会社を質問されて『誹謗中傷だ!攻撃だ!』と逆ギレ!

嘘つきはカンボジア日本人会会長小市琢磨の始まり③

カンボジア日本人会会長 小市琢磨氏経歴詐称疑惑シリーズ④ 北朝鮮レストラン友好?

経歴詐称疑惑に沈黙のカンボジア日本人会会長小市琢磨氏へのコメント シリーズ⑤

カンボジア日本人会会長小市琢磨氏経歴詐称⑥疑惑追及はプライバシー侵害だ!と申立?

経歴詐称疑惑の小市琢磨氏が日本人会『終身』会長に!会社設立費がっぽり!儲けまっせ!⑦

『最低の人間性』カンボジア日本人会会長 小市琢磨氏⑧ 捏造で在日本人誹謗中傷『シラガさん事件』前編

『最低の人間性』『本当の日本人?』カンボジア日本人会会長 小市琢磨氏⑨ 捏造で在日本人誹謗中傷『シラガさん事件』後編

 

 

カンボジア不動産チャンネル』YouTubeのチャンネルでもご一緒に是非御覧下さい。チャンネル登録もよろしくお願い致します。

読者の皆さん、いつも応援ありがとうございます。

ランキング参加していますので下記アイコンをポチッとして頂ければ更新の励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

POSTED COMMENT

  1. コード名 より:

    小( )会長には、カンボジア国籍者の噂があります。おそらくカンボジアビザが、不要、所持してないのでは。カンボジア日本大使館が関与している、団体の会長がカンボジア人(笑)

  2. 匿名 より:

    カンボジア国籍を取得すれば、自動的に日本国籍は剥奪されます。その事実を知りながら、現地の日本大使館がなにもしないいるなら、立派な犯罪になります。それがもし現職の大使なら。考えただけで、恐ろしい。

  3. コード名 より:

    補足  日本の現行法では2重国籍が認められてませんよね。

  4. コード名 より:

    カンボジア国籍をいつ得たか、現状わかりませんが?これを 不作為に見逃してカンボジアビザの有無を確認せず、万が一見逃し日本国旅券を所得の手伝いをしていたら。カンボジア大使館領事班の責任は免れないのでは。

  5. 匿名 より:

    立派な犯罪です。現職の外務大臣の秘書に問い合わせれば、直ぐに本局経由で領事館に問い合わせが行きます。もしクロだったら?

  6. 匿名 より:

    確認作業は簡単です。当該人がパスポートの申請時、カンボジア入国または出国のスタンプがない場合、どうしてそれがないか確認するだけです。もしくは銀行口座、不動産売買、会社設立などの申請書類を確認すれば、良いだけです。あくまで仮定ですが、会社の謄本が出せないのは、すでにカンボジア人であり、それが表に出ると二重國籍が判ってしまうからではないでしょうか?もし、会長がカンボジアに帰化しているのに、現地大使館がその確認もろくにせず、あろうことか、大使までそれを黙認していたら、ただでは済まないです。自分の意思で帰化した場合、自動的に日本国籍は剥奪されます。これは立派な法律があります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。